OBS Studioを使用して配信でピクチャインピクチャリプレイを再生する方法

この記事ではOBS Studioを使用して配信している際に保存したリプレイをメインの配信画面上に被せて表示するピクチャインピクチャ方式で再生する方法を紹介します

以下の動画のようなリプレイの事です

まだリプレイの基本的な利用方法を掴んでいない方はまず以下の記事を参照ください

関連記事

この記事ではOBS Studioで配信中にリプレイを再生する方法を紹介します ゲーム配信はもちろん色々な配信で有効に利用できそうですね リプレイの活用の例としては以下の動画のような感じです https://youtu.be[…]

準備

必要なプラグイン

以下のプラグインを使用するのでインストールしてください

プラグインのインストール方法はこちらの記事を参照ください

関連記事

この記事ではOBS Studioのプラグイン、スクリプトをwindows下で導入する方法を紹介します プラグイン プラグインの場合、インストーラーの有無により導入の方法が変わります StreamFXを例に紹介します [sit[…]

Move Transition

Move Transitionダウンロードページ

関連記事

この記事ではOBS Studioでシーンを変更する際にアニメーションを利用してより自然なシーン転換を可能にするOBS Studio用プラグイン"Move Transition"を紹介します [adcode] できること Move […]

Directory watch media

Directory watch mediaダウンロードページ

Advanced Scene Switcher

Advanced Scene Switcherダウンロードページ

Advanced Scene SwitcherはWindowの場合、解凍したフォルダのWindowsフォルダをOBS Studioのプラグインフォルダ( 例:C:Program Filesobs-studioobs-plugins64bit)に移動させてください

また、2019 用 Visual C++ 再頒布可能パッケージのインストールが必要です

シーンの構成

メインシーン

メインシーンにはゲームシーンを配置しています
TwitchやYouTube等のアラートやオーバーレイもこちらのシーンに配置します

ゲームシーン

ゲームシーンにはゲームのソースを配置しています
この記事では動画を流して代用しています

リプレイシーン

リプレイシーンにはリプレイを流す際に使用するフレームを配置してあります

この記事で使用したフレームは私が作成したものなのでクオリティは低いですが一応置いておきます

リプレイ用フレーム

手順

リプレイシーンの作成

リプレイシーンにメディアソースを追加します

今回名前は「リプレイ」としました

リプレイソースをフレームの下に移動します

そしてリプレイソースにはDirectory watch mediaフィルタを適用し、リプレイを保存した際に常に最新のリプレイが再生されるようにしておきます

メインシーンの複製

メインシーンを右クリック→「複製」を選択します

シーン名を今回は「メインシーン(ピクチャインピクチャリプレイ)」としました

複製したメインシーンにリプレイシーンを配置

リプレイシーンを複製したメインシーン(ピクチャインピクチャリプレイ))に配置していきます

メインシーン(ピクチャインピクチャリプレイ)の「ソース左下の+ボタン」→「シーン」→「リプレイシーン」を選択することでメインシーン(ピクチャインピクチャリプレイ))にリプレイシーンを配置することができます

リプレイシーンを追加したら実際にリプレイを表示させたい場所、大きさを設定します

Move Transitionの設定

シーントランジションドックの+ボタンから「Move」を選択します

プロパティが開くので好みに設定します

個人的にリプレイに使用する場合は「Appearing Items」と「Disappearing Items」のPositionは「None」がおすすめです

Advanced Scene Switcherの設定

メニューバー」→「ツール」→「Advanced Scene Switcher」をクリックします

「Media」タブをクリックします

以下のように設定したら左下の+ボタンを押します

変更した内容が表示されたら設定完了です

このままでは動作しないので「General」タブに戻り、「Start」をクリックします

好みでOBS Studio起動時にAdvanced Scene Switcherをアクティブにするかどうかを設定する「On Startup」の変更をします

これで「リプレイの再生時間が残り1秒未満になったらメインシーンに移動する」というシステムができました

ホットキーの設定

次に実際にリプレイを再生するためのホットキーを設定していきます

OBS Studioの「設定」→「ホットキー」を選択します

今回はこのように設定しました
使いやすいように変更してください

各ボタンを押したときの動作は以下になります
ピクチャインピクチャインピクチャリプレイのため、リプレイから音声を流さないようにミュートを設定しています
好みで変更してください

1:リプレイ保存
2:リプレイ保存後即リプレイの再生
3:保存していたリプレイを再生

応用

リプレイがメインのシーンを作成

今回はピクチャインピクチャリプレイの方法でしたが、もう1つメインシーンを複製することでもう少し見栄えをよくすることができます

メインシーン(ピクチャインピクチャリプレイ)を右クリックし、「複製」をクリックします

今回のシーンは「メインシーン(リプレイ)」としました

メインシーン(リプレイ)ではリプレイシーンを大きめにします

ホットキーの設定

先ほど紹介したホットキーに加え、次のホットキーを設定します

この設定をすることで、メインシーン(リプレイ)ではリプレイの音が流れます

そしてこのシーンにAudioシーンを配置しないことで、リアルタイムの音声をなくしてリプレイの音のみを流すことができます

Audioシーンを作成するメリットについては以下の記事を参照ください

関連記事

この記事では配信者に最も緊張感の走る配信の切り忘れなどからの放送事故を防ぐためにイントロとアウトロを活用する方法を紹介します 1度のミスが一生の恥になる可能性があるこの時代だからこそ放送事故には気をつけたいですね 手段 今回紹介す[…]

保存したリプレイを直接4を押して流してもよいですし、2や3を押してピクチャインピクチャから4を押して途中から音声有りにしてもよいでしょう

おわりに

今回はこのブログのリプレイを紹介しているページを読んでいただいた方からもう少し詳しく知りたいとの要望を頂いたため書くことができました

この記事以外の記事でもよくわからない箇所等ありましたらコメント、Twitter、配信中の場合はTwitchでコンタクトいただけるとありがたいです

関連記事

この記事ではOBS Studioで利用できる便利なプラグインを紹介します StreamLabs OBSを使用することで素晴らしいオーバーレイと配信アラートを簡単に導入することができますが、OBS Studioはその拡張性が魅力の1つで[…]

最新情報をチェックしよう!