配信中にリプレイを流す方法:OBS Studio解説

この記事ではOBS Studioで配信中にリプレイを再生する方法を紹介します

ゲーム配信はもちろん色々な配信で有効に利用できそうですね

リプレイの活用の例としては以下の動画のような感じです

目次

リプレイバッファの設定

リプレイを使用するにはまずリプレイバッファを有効にする必要があります

設定->出力からリプレイバッファタブをクリックし、有効化します

最大リプレイ時間はリプレイを撮るボタンを押してから何秒前までのリプレイを保存するかを決めるものです

私の場合は20秒に設定しています

次に録画タブから録画ファイルのパスを指定します

OBS Studioで録画をする際に使用するフォルダと同じですが、リプレイもこのフォルダに保存されていきます

次に詳細設定からリプレイバッファのファイル名の接頭辞(ファイル名の先頭に足される文字列)を指定します

わかりやすくReplayとします

最後にホットキーからリプレイを保存するときに使用するキーを設定します

後に紹介するInstant Replayを使用する場合はホットキーの設定はスキップしてもかまいません

このキーを押してから指定したリプレイ最大時間まで遡った分のリプレイが保存されます

リプレイを保存するにはリプレイバッファを開始している必要があります
配信をする際にリプレイバッファを開始するのを忘れないために設定->一般から配信時に自動的にリプレイバッファを開始にチェックを入れておくことをおすすめします

リプレイを再生するシーン、ソースの作成

次に保存したリプレイを再生するためのシーンとソースを作成していきます

“シーン:Replay”を作成し、その中に”メディアソース:ReplaySource”を作成します
※それぞれの名前は自由に付けてください

作成されたメディアソースの設定はこちらで大丈夫です

再生するローカルファイルの指定もする必要がありません

メディアソースと保存したリプレイファイルを紐付ける

次に作成したメディアソースで再生するリプレイファイルを紐付ける必要があります

メディアソースは通常では指定した同じローカルファイルを再生しますが、保存されたリプレイファイルの名前は日時等がバラバラで再生するファイルとして指定することができません

解決策としてここでは2つの方法を紹介します

Instant Replay

そのため指定したメディアソースで最新のリプレイファイルを読み込むためのスクリプトとして代表的なものに”Instant Replay“というものがあります

Instant ReplayはOBS Studioをインストールした際に付属されているスクリプトなので導入が簡単です

OBS Studioのツール->スクリプトをクリックします

次に、左下の+マークをクリックし”instant-replay.lua“を読み込みます
通常では”instant-replay.lua”はOBS Studioのインストールフォルダ”C:\Program Files\obs-studio\data\obs-plugins\frontend-tools”にあります

“instant-replay.lua”を追加したら右側のMedia Sourceにさきほど作成したメディアソースを指定します

次にOBS Studioの設定->ホットキーから”Instant Replay”に任意のキーを設定します

これで設定したキーを押した時にリプレイを保存し、保存したリプレイファイルをメディアソース:ReplaySourceに読み込むという工程を自動的に行ってくれます

Directory watch media

インストール

次に紹介するのはDirectory watch mediaというプラグインです

ダウンロードしたファイルを解凍し、OBS Studioのインストールフォルダ(通常 C:\Program Files\obs-studio)に中身のdata、obs-pluginsをそれぞれ移動したらインストールは終わりです

Directory watch mediaの強み

Instant Replayはホットキーが押されたときにリプレイを保存し、メディアソースに保存されたリプレイファイルを読み込ませます

Directory watch mediaは指定したフォルダに作成されたファイルの中で一番新しいものをメディアソースに読み込ませます

これによってもし、OBS websocketなどを使用して別のアプリケーションなどからホットキーを押さずにリプレイファイルが作成された場合にもメディアソースは最新のリプレイファイルを読み込むことができます

Directory watch mediaでは読み込むファイルを新しいものだけでなく、古いものやファイル名のアルファベット順など指定する方法が多くありますが、ここでは最新のリプレイファイルを再生することを想定して解説していきます

使用方法

Directory watch mediaはフィルタとして適用します

作成したReplaySourceを右クリックしフィルタをクリックします

左下の+マークからDirectory watch mediaを追加します

次のリプレイファイルの保存フォルダ、リプレイファイルの拡張子、リプレイファイルを識別するための文字列を指定します
ここでは先ほど設定した接頭辞Replayをしてしています

以上で設定は終わりです

設定したリプレイバッファーのホットキーを押すとReplaySourceに保存されたリプレイが読み込まれます

リプレイの再生方法

リプレイの再生方法は大きく、

  1. シーン:Replayに移動する
  2. ReplaySourceを非表示から表示させる

となります

シーン:Repalyをメインのシーンにソースとして取り込むことでピクチャインピクチャのリプレイとしても利用することができます

おわりに

配信で自分のプレイを振り返ったり、VLCソースを利用してリプレイを連続して流せば配信の最後に配信のダイジェストとしても利用できます

Xsplitでリプレイを再生する方法は以下の記事を参照ください

質問等ありましたらコメントでできる限りお答えします

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる