NOOBS CMDRで様々なソフトウェアからOBS Studioを操作しよう

この記事ではStream DeckやVoiceMacroなどのソフトウェアからホットキーを使用せずにOBS Studioを操作する方法を紹介します

正確にはOBS Studioのプラグインではないですが、OBS Studio用ツールとしてカテゴリ分けしました

目次

NOOBS CMDR

Command line tool for obs-websocket plugin (Windows)

このプラグインを導入することでコマンドプロンプトからOBS Studioの操作が可能になります

コマンドプロンプト
kurocha

出たよ黒い画面
これが出たら終わり

NOOBS CMDRはこのプラグインとOBS Studioの橋渡し的な存在で、初心者でも簡単にコマンドを実行できるようにするためのツールとなります

私たちが入力する代わりにNOOBS CMDRが動作可能なコマンドを作成してくれます

NOOBS CMDRの役割

NOOBS CMDRが実際にすることはバッチファイル・VBScriptを作成します

スクリプト

これらのファイルを実行することでOBS Studioの操作が可能になります

コマンドの作成はシンプルです

以下の例では「Mainシーンに移動→5秒後にEndingシーンに移動」というコマンドを作成しています

このようなマルチアクションを利用できるのも特徴です

NOOBS CMDRコマンド例

ディレイを挟まなければ同時発生させることができるので複数のフィルタを同時に有効にして派手なエフェクトを演出したりすることも可能です

そのためMove Transitionプラグインに付属されているMove SourceフィルタやMove Valueフィルタとも相性がよいです

様々なソフトウェアとの連携

この方法の有利な点としてスクリプトを実行するだけでOBS Studioの操作が可能ということがあります

Elgato Stream DeckやVoiceMacro、Touch Portalなど様々なソフトウェアからプログラムを実行することでOBS Studioを動かすことが可能なので今まで多く使用していたホットキーが必要なくなります

導入方法

必要なもの

NOOBS CMDRは正確にはOBSのプラグインではないので順に解説します

NOOBS CMDRのインストール

NOOBS CMDRをダウンロードしたらファイルを解凍し、最初の起動でNOOBS CMDR.exeを管理者として実行します

管理者として実行するのは最初の起動のみで大丈夫です

NOOBS CMDRインストール

するとOBSCommandプラグインをインストールするようなウィンドウが表示されるのでインストールします

このプラグインで例の黒い画面からOBS Studioを操作することが可能になります

COMMANDSインストール

OBSCommandがインストールできたらNOOBS CMDRのメインウィンドウが表示されます

OBS Studioとの連携

NOOBS CMDR起動時にOBS Studioが起動されていればOBS web-socket経由でOBS Studioとの連携が行われます

ウィンドウ上部のコネクト状況を確認してください

NOOBS CMDR起動

連携されていない場合はNOT CONNECTED!をクリックして連携してください

コネクト成功

以上でNOOBS CMDRを使用する準備が整いました

コマンドの作成・実行

コマンドの作成

コマンドの作成方法は至ってシンプルです

左側のメニューをクリックすることでコマンドを追加することができます

コマンドを追加し、表示されたコマンドの空欄をクリックすることでOBS Studio上のソース名や表示・非表示の設定などを行います

コマンド作成

コマンドの並び順はドラッグアンドドロップで変更することができます

コマンドのテスト

コマンドを作成したら右上のTEST COMMAND!をクリックすることで実際にOBS Studioを操作することができます

また、コマンドを複数選択して右クリックし、Execute Selected Commands!をクリックすることでコマンドの一部分を実行することもできます

NOOBS CMDR実行

コマンドの書き出し

作成したコマンドがうまく動くことが確認できたらファイルに書き出します

上部のEXPORTをクリックして任意の場所に保存します

NOOBS CMDR Export

作成された.batファイルと.vbsファイルをダブルクリックし、動作を確認しましょう

コマンドの読み込み

既に書き出したファイルをもう一度編集したい場合はIMPORTをクリックしてファイルを指定することで再びコマンドを編集することができます

各ソフトウェアから実行

各ソフトウェアから「ファイルを実行・ファイルを開く」などのコマンドを使用することでOBS Studioを操作することができます

.batファイルと.vbsファイルはそれぞれ使用してみて使い勝手のよい方で判断してください

バッチファイルの場合、一瞬例の黒い画面が出る場合があります

Elgato Stream Deckの場合

Elgato Stream Deckでは開くボタンを追加することでコマンドを実行することができます

NOOBS CMDR Elgato Stream Deck

Touch Portalの場合

Touch PortalではOpen fileコマンドを使用することでコマンドを実行できます

NOOBS CMDR Touch Portal

VoiceMacroの場合

VoiceMacroではAcrionsからOther..→Execute/open a file…からファイルを指定することでコマンドが実行可能です

VoiceMacro NOOBS CMDR

このときWindow StyleをHiddenにすることでコマンドプロンプトが表示されずにコマンドを実行することが可能です

NOOBS CMDR VoiceMacro

コマンドが実行されない場合

各ソフトウェアからコマンドが実行されない場合には各ソフトウェアを一度再起動してください

特に、NOOBS CMDRをインストール直後にはコマンドが実行されないことが多々あるので確認しましょう

おわりに

このソフトウェアを使用することで煩わしいホットキー地獄からある程度解放されるのでおすすめです

Move Transitionに含まれるフィルタと組み合わせて使うことでド派手なエフェクトを表現することもできるので試してみてください

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる