OBS上のソースやフィルタの設定をリアルタイムに変更して豪華な演出をしよう

この記事ではOBS Studio上のソースやフィルタの設定をリアルタイムで変更してダイナミックな演出を可能にするフィルタMove Valueについて詳しく解説します

このフィルタを使用することで発想次第で配信中にも豪華なエフェクトを使用することができます

Move ValueフィルタはMove Transitionプラグインに付属されているフィルタなのでそちらも参照ください

目次

Move Valueフィルタ

何ができるの?

Move Valueフィルタは適用されたソースの設定、またはそのソースに適用されているフィルタの設定を時間経過に伴って変更することが可能なフィルタとなります

これによって配信中にリアルタイムで派手なエフェクトを演出したりすることも可能になります

例えば、あるソースに色補正フィルタを適用してMove Valueで操作する場合には以下のパラメータを変更することが可能です

色補正フィルタのパラメータ

つまりソースの表示・非表示ひとつにしてもフェードを使用することも可能になります
(なお、ソースの表示・非表示時のアクションは将来的なOBS Studioのアップデートでビルトインになる可能性有)

ソースの表示・非表示にもトランジションが使用できるようになりました

Move Value デモ動画
任意のフィルタの数値を動的に変更

ダウンロード・インストール

Move ValueフィルタはMove Transitionプラグインに付属されているフィルタなので導入するにはMove Transitionをインストールしてください

OBS Studioへのプラグインのインストールは以下の記事を参照ください

設定方法

フィルタの適用

Move Valueフィルタは設定を変更したいソース・または設定を変更したいフィルタを含むソースに適用します

ソースを右クリックしてフィルタを選択します

フィルタの適用

フィルタの設定画面を開いたら左下の+からMove Valueを選択します

Move Valueフィルタ適用

各パラメータの説明

各パラメータが表示されるのでそれぞれを設定していきます

Move Filter パラメータ1
Filter

設定をしたいフィルタの選択・Noneを選択するとソースの設定

Move Value Type

動かす値のタイプを変更

Single Setting:単一のパラメータを変更

Settings:複数のパラメータを同時に

Random:パラメータの値を指定した幅でランダムに変更

Setting

変更するパラメータの選択

Get Value

現在のパラメータの値の取得

Start Delay

動き始めるまでのディレイ

Custom Duration

設定の変更にかける時間

Move Value パラメータ2
End Delay

動き終わった後のディレイ

Easing

イージングの種類

Easing Function

イージング関数の種類

Filter only enabled when moving

移動時にのみフィルタを有効化

Start Trigger

開始のトリガー

  • None: ホットキーまたは次のアクションでアクションをスター
  • Activate: 最終的な出力でフィルタがアクティブになったときに
  • Deactivate: 最終的な出力でフィルタが非表示になったときに
  • Show: このフィルタが表示状態になったときに
  • Hide: このフィルタが非表示状態になったときに
  • Enable: フィルタ左の目のアイコンが有効になったときに
  • Load: このフィルタがロードまたはアップデートされたときに
Stop Trigger

停止のトリガー

  • None: アクションが完了またはフィルタが無効になったときのみストップ
  • Activate: 最終的な出力でフィルタがアクティブになったときに
  • Deactivate: 最終的な出力でフィルタが非表示になったときに
  • Show: このフィルタが表示状態になったときに
  • Hide: このフィルタが非表示状態になったときに
  • Enable: フィルタ左の目のアイコンが有効になったときに
  • Load: このフィルタがロードまたはアップデートされたときに
Simultaneous Move

同時に発生させるアクション

Next Move

次のアクション

Next Move On

次のアクションのトリガー

ホットキー

各アクションはスタートトリガーで設定したものやホットキーを利用して動作させます

アクション例

簡単なカウントダウン

2つのMove Valueを使って簡単なカウントダウンを作ってみました
Move Valueフィルタはテキストソースに追加します

簡単なカウントダウン
GIF動画のため少しカクついています

Count Down 10

このフィルタは10秒かけてテキストソースの数値を10から0に変化させます

イージングを使用するとカウントダウンで0まで到達する時間は変わりませんが、表示上の数値の変化が一定ではなくなるのでカウントダウンには向きません

Count Down 10 Start

このフィルタはカウントダウンのスタートの数値までテキストソースを変更します

こちらも同様にイージング無しです

簡単なカラーアニメーションオーバレイ

Gradient Sourceを使用して簡単なカラーアニメーションオーバーレイを作成します

Gradient Sourceについての詳細は以下の記事を参照ください

Move Value demo1

4つのMove Valueフィルタをループさせて作成しました

Filterlist

フィルタ1

filter1

変更した部分
From Color: 任意の色
To Color: 任意の色
Rotation: 360
Custom Duration: 6000ms
Easing: No Easing
Next Move: Move Value2

フィルタ2

フィルタ2はフィルタ1を複製し、以下の部分を変更しました

Rotation: 0
Custom Duration: 10ms
Next Move: Move Value3

フィルタ3

Move Value3

フィルタ3はフィルタ1を複製し、以下の部分を変更しました

From Color: 任意の色
To Color: 任意の色
Next Move: Move Value4

フィルタ4

フィルタ4はフィルタ3を複製し、以下の部分を変更しました

Rotation: 0
Custom Duration: 10ms
Next Move: Move Value1

配置例

フィルタを適用したGradient Sourceをカメラの下に配置するだけでOBS Studio上のみで少し洒落たオーバーレイができあがりました

Move Value example

おわりに

ソースやフィルタの各パラメータを変更することでより複雑で派手なエフェクトを作成することが可能なので配信にアクセントが欲しい方は利用してみては!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる