OBS Studioで録画するソースを指定できるプラグイン

この記事ではOBS StudioのプラグインSource Recordを紹介します

このプラグインを使用することでOBS Studioのヘビーユーザーなら一度は考えたであろう録画するソースを指定するという事が可能です

どういう場面で使えるのか、どういう風に使うのかを詳しく解説していきます

目次

Source Record

念願の機能

以前よりOBS Studioユーザーの間ではStreamLabsOBSでは実装されていた配信とローカルに録画する映像を指定する機能を実装して欲しいという声が多くありました

この機能を使うことで例えば以下のことが可能になります

配信と録画で違う映像を出力

例えば配信上ではオーバーレイを含めてド派手な画面を演出、ローカル録画では後にYouTube等に上げるときのためにゲーム画面とカメラの映像のみを表示などといった事が可能になります

配信で使用した映像をYouTubeに上げる際に配信上のフォロー通知などがどうしても邪魔になってしまうような状況が回避することできますね

録画

リプレイでオーバーレイ無しの映像を出力

こちらも上記理由とほぼ同じなのですが、例えば配信上でリプレイ、特にピクチャインピクチャリプレイを利用する際にどうしてもリプレイ画面が小さいのでオーバーレイ等々が映っていると見づらい場合があります

リプレイとして保存する映像はゲームのみやカメラのみにすることで小さい画面でもスッキリとした見やすいリプレイを再生することが可能になります

リプレイ

ダウンロード・インストール

ダウンロード

以下のリンクからプラグインをダウンロードしてください

インストール

使用方法

フィルタとして適用

Source Recordプラグインは録画をしたいソースまたはシーンにフィルタとして適用します

録画したいソースまたはシーンを右クリック→フィルタを選択します

フィルタの適用

表示されたウィンドウの左下+マークをクリックし、Source Recordを選択します

フィルタの選択

これでSource Recordが適用できました

細かい設定をしていきます

設定項目

Source Record設定項目
  • Path:録画ファイルを作成するフォルダ
  • Filename Formatting:作成する録画ファイルの名前のフォーマット
  • Rec Format:作成する録画ファイルのフォーマット
  • Encoder:エンコーダーの指定
    エンコーダーはバージョン0.1.4現在ではSoftware、NVENC、x264の中から選択することが推奨されています
    エンコーダの指定
  • Record Mode:フィルタを適用したソース・シーンを録画するタイミング
    • None:指定なし
    • Always:常に録画
    • Streaming:配信中に録画
    • Recording:録画中に録画
    • Streaming and Recording:配信中または録画中に録画
  • Replay Buffer:チェックを入れるとリプレイバッファーを利用可能
  • Different Audio:指定のソース・シーンの音声を録画

以降の部分はエンコーダーの設定となります

リプレイバッファー

設定項目のリプレイバッファーを指定した場合にはホットキー設定からリプレイ保存のキーを設定する必要があります

ホットキー

リプレイの操作については以下の記事を参照下さい

注意点

バージョン0.1.4現在、音声が正しく録音できない場合があります

開発者の方に聞いてみたところ「正しく動作している人もいるし、していない人もいる」ということでした

実際に私が配信で使用しているOBS Studioでは音声が録音されません

しかし、OBS Studioをポータブルモードで起動することで音声が録音されるようになりました

開発者も原因がわかっていないのでこれからのアップデートで修正されるかどうかは不明ですが一度試してチェックしてみてください

おわりに

この機能が実装されれば私個人的にはOBS Studio以外の配信ソフトを選ぶ理由がなくなったというくらい待ち望んでいた機能でした

今までゲーム画面のみを録画するために別のソフトウェアを利用したり、OBS Studioを多重起動していた方に特におすすめです

と言っても私の環境では音声が録音できていないのでまだフルに活用できていないのはまた別のお話

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる