OBS Studioのトラックマットスティンガートランジションのアレコレ

この記事ではOBS Studioバージョン27で新たに追加されたスティンガートランジションのトラックマットの使い方について紹介します

以前から使用できたスティンガートランジションとは用意する動画のパターンも異なるので注意が必要です

トラックマットスティンガートランジション

従来のスティンガートランジションとの違い

トラックマットスティンガートランジションと従来のスティンガートランジションの違いはシーン転換時に前後のシーンが画面に共存できるか否かという点です

従来のスティンガートランジションではシーンを転換時に一度画面全体を隠してその間に次のシーンに移る必要があります

Stingertransition

使用したスティンガートランジションはNerd Or Dieで購入できるIridescent – Stream Packageに付属しているものとなります

関連記事

配信を開いてまず目を奪うものは配信画面です その配信画面のクオリティを高めることで視聴者の離脱率を下げることが可能です この記事では配信用オーバーレイやアラート、Stream Deck用アイコンなどを数多く取りそろえているNer[…]

新しく追加されたトラックマットスティンガートランジションはシーン転換時に前後のシーンを画面内に共存させることができます

transition

使用したトラックマットスティンガートランジションはOBS Studio公式Twitterのツイートから入手した例の1つです

使用方法

トラックマットスティンガートランジションはOBS Studioのシーントランジションドックから適用します

シーントランジションのプルダウンメニューから追加: スティンガーを選択します

トランジションの追加

スティンガートランジションのプロパティが表示されるので動画ファイルを選択し、トラックマットを使用するにチェックを入れます

トラックマットトランジションを使用

トラックマットスティンガートランジションの動画形式

トラックマットスティンガートランジションのための動画は2つの動画を横、または縦に連結する形で作成します

横並びで作成する場合は左側が画面の前面に表示される動画、右側がトラックマットと言う形になります
そのため横並びの動画を作成する場合には1920×1080の解像度のトランジションを作成する場合、3840×1080の解像度の動画を作成する必要があります

縦並びで作成する場合は上側が画面の前面に表示される動画、下側がトラックマットという形になります
そのため縦並びの動画を作成する場合には1920×1080の解像度のトランジションを作成する場合、1980×2160の解像度の動画を作成する必要があります

実際に作ってみた

今回は無償版でも多機能な動画編集ツールDavinci Resolveを使用して動画を作成しました

テストとして作成したのでトランジションの品質は悪いことにご了承ください

作成したトランジション

次のような前のシーンの一部分を残してハンマーで潰してシーンを転換するようなトランジションを作成してみました

トランジション

この場合、ハンマーを動かす透過動画を左(または上)側に置き、右(または下)側にトラックマットを配置します

実際に作成したトラックマットスティンガートランジションは以下のようなものになります

例として横並び、縦並び2種類を用意していますが、実際に作成するのはどちらか片方で十分です

横並び

右側のトラックマットの白が次のシーン、黒が現在のシーンを表しています

横並びトランジション

縦並び

下側のトラックマットの白が次のシーン、黒が現在のシーンを表しています

横並びトランジション

トラックマット

トラックマット部分は白黒で作成します

OBS Studioのスティンガートランジションのプロパティ画面でマットカラーを反転にチェック入れることで白が現在のシーン、黒が次のシーンという風に変更することができるので作成する際にあまり気にする必要はないかもしれません

マットカラーを反転

白と黒の中間色グレーを使用すると前後のシーンをフェードするようになります

動画ファイル

作成した動画ファイルを一応置いておきます

ファイルをダウンロード

素材

Nerd Or Die

Nerd Or Dieが有料版無料版のトラックマットスティンガートランジションの販売を開始しました

有料版では20種類、無料版ではそのうちの5種類が利用できます

有料版はこちらから       無料版はこちらから

おわりに

スティンガートランジションは配信のブランディングに大きく貢献できる要素なのでオリジナルを作成するとカッコイイですね

私が作成したもののようにカメラの位置が決められていないと意味をなさないようなトランジションを作成した場合はシーン毎にトランジションを指定することができるプラグイン、Transition Tableの使用もおすすめです

関連記事

この記事ではOBS Studioで使用可能なプラグインTransition Tableについて解説していきます Transition Tableはシーン転換時のトランジションを思い通りに設定するためのプラグインとなります [si[…]

トランジションの基本については以下の記事も参照下さい

関連記事

この記事ではOBS Studioで使用できるトランジションを紹介していきます トランジションとは OBS Studioにおいてトランジションとはシーンを転換するときにシーンとシーンをの間をつなぐ効果です シンプルなものから凝ったも[…]

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン