OBS使用者におすすめのプラグイン | StreamFX

この記事ではOBSで利用できるプラグイン「StreamFX」を紹介します。

目次

StreamFX

StreamFXの内容

StreamFXは新しいソース・フィルタ・トランジション・エンコーダーを含むパッケージになっています。

新しいソース・フィルタ・トランジション

3D Transform
Blur
Color Grading
Dynamic Mask
NVIDIA Face Tracking
SDF Effects
Shader
Source Mirror

新しいエンコーダー

AMD AMF H264 & H265
Apple ProRes
NVIDIA NVENC H264 & H265

インストール方法

こちらのページからインストーラを手に入れます。

外部リンク : StreamFX

少し下にスクロールすると表示されるAssetsから自分のOSに合わせたStreamFXをダウンロードしてインストールしてください。
特にこだわりが無ければStreamFX-現在のバージョン.exeが簡単だと思います。

3D transform

3D transformは文字通りソースの3D表現を可能にするフィルタです。
Xsplitには標準機能として搭載されていたので気になっていた方も多いと思います。

Blur

Blurはソースにぼかしを加えるフィルタです。
ぼかしの種類も豊富で強度も設定できます。

画像はZoomというタイプで真ん中の車に向かってぼかしがかかっています。

注意
ブラーは非破壊的プロセスで動くので、ブラーがある程度回復する可能性があります。ブラーを使用して個人的なパスワード、クレジットカード情報などを隠すのは絶対に止めましょう

Color Grading

Color Gradeはデフォルトの色補正よりも格段に細かく調整可能なフィルタになります。

Dynamic Mask

マスクについてはこちらの記事を参照ください

Dynamic Maskはあらゆるソースをマスクとして読み込むことが可能です
そのためメディアソースをマスクとして読み込めば動きを加えた切り抜きが可能になります

NVIDIA Face Tracking

自動で顔をトラックしてフレーム内に入れる

NVIDIA RTX GPU専用

※筆者はRTXのグラフィックカードを保有していないためテストできていません

SDF Effects

ソースやシーンの内側、外側に影や光、アウトラインを追加します

Shader

自分のHLSLエフェクトファイルをソース、フィルター、トランジションとして使用できます

あらかじめ用意されたシェーダーも多くあります

Source Mirror

Source Mirrorは既にあるソースのコピーを作成します。
そしてそのコピーにかけるフィルタ、エフェクトはオリジナルへの影響がありません。

後ろがオリジナルで、手前のSource Mirrorオブジェクトには3D TransformとBlurをかけています。

まとめ

今回はOBS Studioへの追加フィルタ、ソースのStreamFXを紹介しました。
ああ!これが欲しかった!というフィルタもあったのではないでしょうか。

StreamFXはあなたの配信をもう一段階上のレベルへ引き上げてくれます!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる