Touch Portal v2.3 アップデート メインスクリーンの変更やイベントトリガーのグローバル化など

この記事ではTouch Portalのバージョン2.3.0000でアップデートされた内容について私がピックアップして簡単にまとめていきます

全文はこちらを参照してください

目次

新しいメインスクリーン

以前はCustom stateの一覧が表示されていた場所がメインメニューとなりました

TPメインメニュー

Values(Proアップグレードが必要)

Custom Stateと呼ばれていた変数がValuesという名称に変更されました

Valuesでは作成した変数一覧とその現在の値を確認することができます

また、各変数は色分けすることができるようになりました

Valueメニュー

Events(Proアップグレードが必要)

これまではTwitchのチャンネルポイント・チャット・サブスクライブなどのイベントトリガーを使用する場合、そのボタンが配置されているページをモバイルデバイスで開いている必要がありました

今回のアップデートではグローバルイベントを作成することでモバイルデバイスで開いているページに関係なくイベントトリガーを発生させることができるようになりました

Eventメニュー

Eventsメニューではグローバルイベントの追加、編集、有効/無効の設定を行うことができます

Flows

フローはコマンドのコレクションです

フローにまとめたコマンド群は他のボタンやフロー内で1つのコマンドとして使用することができます

フロー例

例えば複数の音楽ソースのボリュームを1%上げるフロー”Music – vol+”を作成したとします

このフローをボリューム+ボタンに追加することで1コマンドで7つのソースのボリュームを同時に上げることができます

フロー ボリューム+

フローを有効に使用することでロジックを使用した際にコマンド全体が読みやすくなりボタンの作成を早く・クリーンに行うことができます

Assets Gallary

今まではTouch Portalの公式ページからダウンロードしてインポートする必要があった他のユーザーが作成したページやアイコンパックをデスクトップから直接ダウンロードすることができるようになりました

Assets TP

Guides & Help

Touch Portal内でガイドとFAQを確認することができるようになりました

Logs

ユーザーが何が起こったのか、何故起こらなかったのかを簡単に知ることができるようにログが追加されました

自動ページ切り替え(Windowsのみ)

ウィンドウズ上でアクティブなアプリケーションによってモバイルデバイス上のページを自動的に切り替えることができるようになりました

グラフィックスアップグレード

新しいアップグレードが3種追加されました

これまでは課金要素としてPROアップグレードのみでしたが今回のアップデートではボタンやページの見た目を変更するためのアップグレードです

各130円で購入可能です

Edge Graphics Upgrade

ボタンのエッジ(縁)を加工するためのアップグレードです

ボタンの縁のカラーを変更したり、角の丸みを設定することができます

また、丸いボタンを作成することも可能です

それぞれページ・ボタンに適用可能です

エッジアップグレード

RGB Graphics Upgrade

Edge Graphics Upgradeはアニメーションのないものでしたが、RGBではアニメーション付きの縁を作成することができます

それぞれページ・ボタンに適用可能です

RGBアップグレード

RetroLC Graphics Upgrade

ボタンの形を様々なものに変更することができます

それぞれの要素を組み合わせることで様々なレイアウトを楽しむことができます

このアップグレードはボタンのみとなります

RetroLCアップグレード

購入方法

それぞれのアップグレードはモバイルアプリから行います

右上のショッピングカートを押すと購入画面が開きます

アップグレードはそれぞれ130円となります

使い勝手の変更

デスクトップアプリ上でのボタンとアクション

デスクトップアプリ上でページ切り替えボタンをクリックする際、Ctrl+左クリックでページを切り替えが可能でしたが、ページ移動はCtrl+Shift+左クリックに変更

デスクトップアプリ上でボタンをテストする際、Ctrl+Shift+左クリックでテストが可能でしたが、Ctrl+Shift+ALT+左クリックに変更

Ctrl+Aで全てを選択、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付けが可能です

選択を解除するにはEscを押します

ホットキー一覧はこちら

新しい・改善されたアクション

Value calculation

変数で文字列と数値の計算が可能になりました

パフォーマンスの向上

  • アプリケーションの起動時間が平均60%短縮
  • Android端末でのページロード時間が70%向上
    これにより古いデバイスでもよりスムーズなトランジションを体感できます
  • デスクトップアプリでのロード速度を改善
  • メモリ使用量の減少

ビジュアル

カスタムフォントの選択

今回から使用可能なフォントが選択可能になりました

おわりに

この他にも多くのアップデートがありました

全文を確認したい場合はこちらを参照してください

パフォーマンスの向上によって私のFire HD 8 Plusではかなりのサクサクっぷりを発揮しております

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる