OBSで特定のシーンやソースのみを仮想カメラとして出力する方法

この記事ではOBS Studioで特定のシーンやソースのみを仮想カメラとして他のソフトウェア等に出力する方法を紹介します

OBS上に表示されているシーンとDiscordなど他のソフトウェア上に表示するシーンやソースを分けたりすることができるので、多人数でカメラを共有するグループ配信などで力を発揮するでしょう

OBS Studioの仮想カメラ

仮想カメラ(バーチャルカメラ)とは

仮想カメラはOBS Studio26.0から標準機能として追加されたもので、ウェブカメラなどを使用することができるソフトウェア(DiscordやZoomなど)にOBS Studioの画面を出力することができる機能です

利用方法

利用するにはOBS Studio上で仮想カメラを開始を押します

仮想カメラ開始

これで他のソフトウェアで使用する準備ができました

例としてDiscordに出力してみます

Discordの設定から音声・ビデオビデオ設定、カメラでOBS Virtual Cameraを選択します

Discordカメラ

プレビューを表示してOBS上の画面が表示されていることを確認してください

Discord上で配信するためには配信開始ボタンの動画をクリックします

Discord配信

これでDiscord上にOBS Studio上の画面が配信できました

Discord配信画面

配信側からは反転していますが、視聴側からは正常に観ることができます

Virtual Cam Filter

何ができるの?

Virtual Cam Filterを使用することによって特定のシーンやソースのみを仮想カメラとして出力することができます

つまり、配信画面ではゲーム画面やオーバーレイを含めた全ての画面、Discord上ではカメラのみの画面という配信が可能です

OBS Studioを通すことで例えばグループ配信などをする際に、他の人の配信に載せてもらう自分のカメラ映像に対しても自分の配信と同期してエフェクトをかけることが可能になります

OBS VCF

導入方法

ダウンロード・インストール

Virtual Cam Filterはプラグインです

以下のリンクからダウンロードしてください

Virtual Cam Filterダウンロードページ

プラグインの導入方法は以下の記事を参照下さい

関連記事

この記事ではOBS Studioのプラグイン、スクリプトをwindows下で導入する方法を紹介します プラグイン プラグインの場合、インストーラーの有無により導入の方法が変わります StreamFXを例に紹介します [sit[…]

適用方法

Virtual Cam Filterはシーンやソースに対してフィルタとして設定します

任意のシーンやソースを右クリック→フィルタをクリックします

フィルタの適用

表示されたウィンドウの左下+マークをクリックし、Virtual Cameraを選択します

VCF

これで設定は完了です

フィルタを適用した段階で仮想カメラとして出力を開始しているのでOBS Studio上の仮想カメラを開始を押す必要はありません

Virtual Cameraフィルタは一度に1つまでしか適用できないことに注意してください
必ずしもOBS Studioの画面上で表示されているソースやフィルタである必要はないので、配信画面上に映っていないシーンでも仮想カメラとして出力することができます
VC

おわりに

OBS Studioを通して仮想カメラとして出力することで様々なフィルタやエフェクトをかけることができるのでおすすめです

関連記事

この記事ではOBS Studioで利用できる便利なプラグインを紹介します StreamLabs OBSを使用することで素晴らしいオーバーレイと配信アラートを簡単に導入することができますが、OBS Studioはその拡張性が魅力の1つで[…]

 

Virtual Camera Filter
最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン