ライブ配信で映像のスロー再生や巻き戻し・早送りをさせる方法【OBS Studio】

この記事ではOBS Studioを使用してライブ配信中にリアルタイムを軸にして映像のスロー再生や巻き戻し・早送りをさせる方法を紹介します

このプラグインを使用するためには多くのメモリが必要です
使用の際は確認してください

Dynamic Delay

今回紹介するのはDynamic Delayというプラグインになります

仕組みとしてはリアルタイムの映像から指定秒数遅れた映像をOBS Studio上に映すものとなります

つまり90年代にワールド的に流行った

時よ止まれッ!!!

的なことや、2019年に流行った

時を戻そう

的なことをライブ配信中に実際にやってしまえるプラグインということです

何を言ってるかわからねーと思うのでこちらの動画をご覧いただきたいです

ここで注意したいのは現在(2020年9月2日時点)、遅らせることができるのは映像のみということです
音声は映像に対して指定秒数進んだ(リアルタイム)の音声が流れることになります

導入方法

こちらのページからプラグインをダウンロードしてください

プラグインのダウンロードはこちら

インストールについてはこちらの記事を参照ください

関連記事

この記事ではOBS Studioのプラグイン、スクリプトをwindows下で導入する方法を紹介します プラグイン プラグインの場合、インストーラーの有無により導入の方法が変わります StreamFXを例に紹介します [sit[…]

適用方法

Dynamic Delayはシーンを含むソースアイテムに「フィルタ」として適用します

適用したいソースを右クリック→「フィルタ」を選択します

左下の+ボタンからDynamic Delayを追加します

設定項目

設定項目はこちらになります

  1. Duration
    リアルタイムと何秒間の遅延をつくって映像を流すかの数値になります
  2. Easing
    現在の再生速度からどのような速度変化をしながら再生速度を指定速度に変更するのかを指定します
    イージングについてはこちら(easings.net)を参照ください
  3. EasingDurasion
    イージングにかかる時間を指定します
  4. Slow Forward
    スロー再生するときの再生速度を指定します
  5. Fast Forward
    早送りをするときの再生速度を指定します
  6. Slow Backward
    スロー巻き戻しをするときの速度を指定します
    現代っ子は巻き戻しと言わないようですが気にせずにいきます
  7. Fast Backward
    早戻しをするときの速度を指定します
  8. TextSource(オプション)
    指定のテキストソースに現在の再生速度、目標の速度、リアルタイムとの遅延秒数を表示することができます

TextSource項目について詳しく解説します

ソースを追加から「テキスト(GDI+)」を選択します

任意の名前を入力します

OKを押すとテキストソースの設定が表示されるので、一旦OKを押します

Dynamic Delayフィルタの設定画面に戻り、TextSource欄に先ほど作成したテキストソースの名前を入力します

これでテキストソースにリアルタイムにDynamic Delayのステータスが表示されるようになります

好みでテキストソースの設定を変更しましょう

使用方法

前提としてDynamic Delayは設定した時間分(Duration)遅延をつくるプラグインです
Durationを5秒に設定した場合、スロー再生してリアルタイムの映像と5秒の間隔が空いたときに再生速度は100%に戻ります

Dynamic Delayを使用するにはホットキーを使います

  1. Skip Begin
    設定した遅延時間に即座に移動します

  2. Skip End
    リアルタイムの映像に即座に移動します

  3. Forward
    現在の遅延を保ったまま再生速度を100%に戻します
  4. Slow Forward
    設定した値でスロー再生します
    リアルタイムとDuration分間隔が空くと通常の再生速度に戻ります

  5. Fast Forward
    リアルタイムまで設定した速度で再生します
    リアルタイムに追いつくと通常の再生速度に戻ります

  6. Backward
    100%の速度で逆再生をします
    リアルタイムとDuration分間隔が空くと通常の再生に戻ります

  7. Slow Backward
    設定した速度でスロー逆再生します
    リアルタイムとDuration分間隔が空くと通常の再生速度に戻ります

  8. Fast Backward
    設定した速度で早戻しします
    リアルタイムとDuration分間隔が空くと通常の再生速度に戻ります

  9. Pause
    映像を一時停止します
    リアルタイムとDuration分間隔が空くと通常の再生速度に戻ります

おわりに

とても協力なプラグインなので長い間ずっと紹介したかったのですが、私が試してみたところOBS Studioをフリーズさせる事が頻発していたので渋っていました
直近のバージョンアップで安定性が改善されたので是非試してみてください

関連記事

この記事ではOBS Studioで利用できる便利なプラグインを紹介します StreamLabs OBSを使用することで素晴らしいオーバーレイと配信アラートを簡単に導入することができますが、OBS Studioはその拡張性が魅力の1つで[…]

最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン