OBS Studioのドックにソースやシーンを配置する方法

この記事ではSource DockというOBS Studio用のプラグインを紹介します

このプラグインを利用することでOBS Studioのウィンドウ上に現在表示しているシーン以外のシーンやソースアイテムを配置することができます

目次

Source Dock

できること

Source Dockプラグインを導入すると何ができるかを紹介します

ソースをドックに配置

プラグインを使わない場合

プラグインを使用しない場合、あるシーン1を表示しながらシーン2のソースを操作したい場合にスタジオモードを利用する必要があります

スタジオモードは便利な機能ですが、直感的ではなく、シーン転換の際にソースが適切に表示されない事があったり(環境に依る?)と取り扱いが難しい面があります

プラグインを使用する場合

Source Dockプラグインを使用すると、指定したシーン・ソースのパラメータをドックとして表示することができます

これによってよりシンプルにソースの操作が可能になります

別のシーンのソースアイテムの操作が可能
別のシーンにあるソースの操作が可能

ダウンロード・インストール

使用方法

Source Dockウィンドウ

プラグインをインストールしたらOBS Studioのメニューバーからツール→Source Dockを選択します

するとSource Dockのウィンドウが表示されます

各パラメータは以下のようになります

1.Source

ドックに配置するシーンまたはソースの選択

2.Title

ドック名(空欄の場合はSourceで選択したシーン名またはソース名が自動的に適用)

3.表示するパラメータ群
Visible

ドックの表示/非表示

Preview

プレビュー

Volume Meter

ボリュームメーター (メディア専用)

Audio Controls

オーディオコントロール (メディア専用)

Media Controls

メディアコントロール(メディア専用)

Switch Scene

シーンの転換の可否 (シーン専用)

Show Active

アイテムのステータス

SceneItems

ソースの一覧(シーン専用)

4.Add

全てを選択後にクリックすることでドックに追加できる

シーンをドックとして追加

以下のようにPreview・Switch Scene・Show Active・SceneItemsにチェックを入れてHighLightsシーンを追加してみます

すると以下のようなドックが追加されます
Switch Sceneにチェックを入れなければプレビューをクリックしてもシーン転換が行われることはありません

ソースをドックとして追加

以下のようにPreview・Volume Meter・Audio Controls・Media ControlsShow Activeにチェックを入れてHighLight_sources(メディアソース)を追加してみます

すると以下のようなドックが追加されます

ドックの扱い方

ドックの埋め込み

追加されたばかりのドックはOBS Studio本体からは独立しています

ドックのウィンドウタイトルをクリックしてドラッグし、OBS Studio本体に重ねることでドックを組み込む事ができます

ドックの表示/非表示

一度Source Dockウィンドウから追加されたドックはメニューバーの表示→ドックから表示/非表示の選択をすることが可能になります

おわりに

今回はシンプルながら非常に便利なSource Dockプラグインを紹介しました
スタジオモードが扱いづらいと感じていた方には特におすすめです

別のシーンアイテムはStream Deckを利用することでより簡単に操作することができます

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる