\ 楽天お買い物マラソン開催中! /

シーンコレクションのバックアップを自動的に行うOBSプラグイン

この記事ではOBS Studioのシーンコレクションを自動的にバックアップするプラグインScene Collection Managerの紹介をします

目次

このプラグインでできること

このプラグインはOBS Studioのシーンコレクションの管理をするためのものです
各シーンコレクション毎に日付と日時が記されたバックアップを作成することができます

バックアップは自動化することができるため、定期的にフォルダをコピーするだけでバックアップを細かく蓄積していくことができます

ダウンロード・インストール

ダウンロード

以下のページからプラグインをダウンロードしてください

インストール

プラグインのインストールは以下の記事を参照ください

使い方

基本的な使い方

プラグインを使用するにはメニューバーのツール→Scene Collection Managerをクリックします

Scene Collection Managerウィンドウは大きく2つに分かれています

1つは現在のシーンコレクションのリスト、もう1つは左側で選択されているシーンコレクションのバックアップのリストです

下にあるそれぞれの設定項目は左から

  1. シーンコレクションのリスト
    1. 新規シーンコレクションの作成
    2. シーンコレクションの削除
    3. 設定(名前の変更等)
    4. 選択したシーンコレクションに変更
  2. バックアップのリスト
    1. 新規バックアップの作成
    2. バックアップの削除
    3. 設定(バックアップの自動化等)
    4. 選択したバックアップからシーンコレクションを復元

バックアップの自動化

ウィンドウ右側の設定からAutomatic Backupのチェックが入った状態にすることでシーンコレクションを読み込んだタイミングで自動的にバックアップを作成します

そのためチェックを入れておけば少なくともOBSの起動時には毎回、使用しているシーンコレクションのバックアップがとられることになります

バックアップの保存場所

作成されたバックアップが保存されている場所を開くにはメニューバーからファイル→設定フォルダーを表示をクリックします

エクスプローラが開かれるのでbasic→scenesと開くとバックアップが保存されている場所にたどり着きます

バックアップは各シーンコレクション毎フォルダになっており、中には日時.jsonファイルが保存されています

おすすめのバックアップ方法

このプラグインでは自動で細かくバックアップを保存することができますが、より安心するためには定期的にbasicフォルダを別のディスクドライブやクラウドにコピーしておくことが大切です
basicフォルダにはOBSのシーンコレクションとプロファイルのデータが含まれています

ただし、シーンコレクションをバックアップから復元したとしてもシーンコレクションには画像やビデオファイルのパスの情報のみが保存されているのでOBS Studioで読み込んでいた画像やビデオが同じ場所にない場合は読み込まれません
そのためOBS Studioで使用する画像や動画はひとまとめにして一緒にバックアップをとっておくことを強くおすすめします

おわりに

このプラグインを使用することでバックアップを自動的に細かく保存することができます
ただし、最後は各自で複数の場所にコピーをとっておくことが大切です

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる