音声の入出力でOBS Studioを操作できるAudio Moveフィルタ

この記事では音声の入出力によってOBS Studioを操作することが可能なAudio Moveフィルタについて紹介します

ゆかりねっとコネクターなどの字幕ソフトとの相性も抜群なので配信のアクセントにおすすめです

私が実際に試用したデモビデオが以下となります

インストール

Audio MoveフィルタはMove Transitionプラグインのver2.2.0以降に追加されたフィルタとなります

そのためMove Transitionプラグインの最新版をインストールしてください

Move Transition Pluginのダウンロードはこちら(外部リンク)

関連記事

この記事ではOBS Studioのプラグイン、スクリプトをwindows下で導入する方法を紹介します プラグイン プラグインの場合、インストーラーの有無により導入の方法が変わります StreamFXを例に紹介します [sit[…]

使用方法

フィルタの適用

Audio Moveはソースのオーディオ部分に適用します

設定

Meter Type

音声をどのように処理するかのタイプ

Easing

イージング
数値を上げるほど音に対して滑らかに、数値が低いほど音に対して素直にエフェクトがかかる

Action

ソースやフィルタの設定対象を選択

Transform

対象ソースの位置や大きさや角度、クロップなどを変更

Setting

対象ソースに適用されているフィルタを選択し、フィルタの要素の数値を変更

Source Visibility

対象ソースの表示/非表示を変更

Filter Enable

対象ソースに適用されているフィルタを選択し、フィルタの表示/非表示を変更

Base Value(Transform/Settingのみ)

音量が0のときの値

Factor(Transform/Settingのみ)

音量に対しての数値の変動の幅

Threshold Action(Source Visibility/Filter Enableのみ)

音量の閾値を設定し、閾値に応じてどのように表示/非表示を設定するかを決定

Enable Over

閾値を超えたら表示

Enable Under

閾値を下回ったら表示

Disable Over

閾値を超えたら非表示

Disable Under

閾値を下回ったら非表示

Enable Over and Disable Under

閾値を超えたら表示、下回ったら非表示

Enable Under and Disable Over

閾値を下回ったら表示、超えたら非表示

Threshold(Source Visibility/Filter Enableのみ)

音量の閾値を設定

おわりに

使い方によっては今までStream Deckなどでボタンを押して使用したようなコマンドも音声で自動的に発生させたりできるので大変便利なフィルタです

他にもたくさんのプラグインを紹介していますのでよろしければ

関連記事

この記事ではOBS Studioで利用できる便利なプラグインを紹介します StreamLabs OBSを使用することで素晴らしいオーバーレイと配信アラートを簡単に導入することができますが、OBS Studioはその拡張性が魅力の1つで[…]

 

最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン