UP Deck | 変数の使い方 その2

この記事ではUP Deckでの変数について以前の記事で紹介しきれなかったコマンドを紹介します。

変数の基本的な使用方法は以下の記事を参照ください。

関連記事

この記事ではコマンドをより柔軟に、便利に操作ができるようになる変数とユーザーインプットについて解説していきます。 [adcode] ユーザーインプット inputコマンドを使用することでコマンドを動作させる前に、そのコマンドでどう[…]

UP Deck内で使用できる変数を設定

以前の記事ではユーザーまたはリストから値をインプットし変数を利用する方法を紹介しました。

setvarコマンドを使用することでコマンド内で変数をセットすることができます。

変数をセット
setvar
<変数名>=<値>
<変数名>=<値>
<変数名>=<値>

変数名は小文字である必要があります。文字で始まり、文字、数字、アンダーバー(_)を使用することができます。

例:
countdown=10
player1=Stryke
player2=Tinker
score1=50
ユーザーインプットと同じように変数はデッキとバックアップに保存されます。デッキボタンのコマンド内で変数を利用するには頭文字に’$’を付けます。(例:$player1)

私の使用例

setvarコマンドはすでに決まっているリストなどをコマンドに流すときに便利なので私は最近流行りのオートチェス系ゲームTFT(Teamfight Tactics)のチャンピオンをクラス、オリジン別に画面に表示するオーバーレイを作成してみました。

実際に作成したものは以下の動画のようなものです。

各デッキボタンに以下のコマンドを使用します。

set champions
setvar
class= Noble
tfto1=Fiora
tfto2=Garen
tfto3=Kayle
tfto4=Leona
tfto5=Lucian
tfto6=Vayne
tfto7=noneaction
button
id=397
各ボタンでは変数にクラス名またはオリジン名とチャンピオン名を格納し、あとはbuttonコマンドで実際に画像を表示するコマンドを実行しています。
このように1つのコマンドで複数の要素を再利用できるのでもし後からチャンピオンが追加された場合でも簡単にコマンドの編集が可能です。
ボタン397のコマンド(自分用なので汚いです)
ソースアイテムの表示
show
val=1
scene=TFTOverlays
classname
TFTCL
TFTC1
TFTC2
TFTC3
TFTC4
TFTC5
TFTC6
TFTC7

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=classname
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC1
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC2
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC3
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC4
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC5
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC6
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC7
steps=10
interval=10
alpha=0
queue=1

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=classname
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTCL
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC1
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC2
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC3
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC4
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC5
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC6
steps=50
interval=10
alpha=100

アニメーション
animate
scene=TFTOverlays
item=TFTC7
steps=50
interval=10
alpha=100

テキストソースの更新
text
source=classname
text=$class
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC1
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto1.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC2
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto2.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC3
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto3.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC4
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto4.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC5
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto5.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC6
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto6.png
delay=450

画像ソースの更新
image
source=TFTC7
file=E:\BOX\Box Sync\pics\LOLchamps\$tfto7.png
delay=450

このコマンドを作成した配信です。


記事で使用したコマンドはコマンドアーカイブに追加していきます。コピペできると思うので利用してくださいね。
コマンドアーカイブ

シーンスイッチ | scene switching シーンをスイッチする switch trans=Fade scene=SceneName delay=0 trans : オプション delay : オプショ[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン