UP Deck | ソースの移動、サイズ変更、回転

この記事ではUP Deckを使用してOBS Studioのソースの位置、サイズ、傾きなどを変更する方法を解説します。

animateコマンドと似ていますが、この記事で紹介するコマンドはstepやintervalをパラメーターに持っておらず瞬時にソースに対して適用されます。
animateコマンドでstep=1interval=1を使用した状態に似ています。

関連記事

この記事ではソースアイテムをアニメーション化して動かす方法について解説していきます。 サイズの変更、位置の変更、移動速度の変更などを利用して行います。 今回のコマンドでは初めて1つのコマンドに2つ以上のコマンドを加えてみたいと思います。[…]

コマンド

ソースの位置、サイズ、傾きなどを変更するコマンドはposition(resize、rotate、opacityも代用可)です。

基本的なパラメーターはanimateコマンドと同様なので詳細はそちらを参照してください。

ソースの位置、サイズ、傾きの変更
position

scene=<ソースアイテムを含むシーン>
item=<アニメーション化して動かすソースアイテム>
delay=<コマンドを動作させるまでの遅延時間(ミリ秒)> (オプション)
x=<位置 x>(オプション)
y=<位置 y>(オプション)
w=<バウンディングボックスの幅(width)>(オプション)
h=<バウンディングボックスの高さ(height)>(オプション)
r=<回転>(オプション)
cl=<クロップ左(crop left)>(オプション)
cr=<クロップ右(crop right)>(オプション)
ct=<クロップ上(crop top)>(オプション)
cb=<クロップ下(crop bottom)>(オプション)
alpha=<透明度|透明0~100不透明>(オプション)
positionコマンド内でMorphも使用できます。
関連記事

この記事ではアニメーションをより簡単に、直感的に作ることができるMorph(モーフ)について解説していきます。 今回作るのは次の動画のようなアニメーションです。 https://youtu.be/bSpJQZ-mCNQ [ad[…]

相対値からソースを動かすことも可能です。

例:

ソースの移動
position
scene=_current
item=picture
x=(20)


記事で使用したコマンドはコマンドアーカイブに追加していきます。コピペできると思うので利用してくださいね。
コマンドアーカイブ

シーンスイッチ | scene switching シーンをスイッチする switch trans=Fade scene=SceneName delay=0 trans : オプション delay : オプショ[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!