UP Deck | ウェブページ、アプリケーションの起動

この記事ではUP Deckからウェブページを開いたりアプリケーションを起動する方法を解説していきます。

ウェブページを開く

openurlコマンドを使用することでウェブページを開くことができます。

ウェブページを開く
openurl
url=<任意のウェブページ>
bg=true (オプション)
delay=<遅延時間> (オプション)
bg=trueを使用することでウェブページをバックグラウンドで表示することができます。
例:
コマンドアーカイブを開く
openurl
url=https://kurocha.jp/updeck-command-archive
関連記事

この記事ではコマンドをより柔軟に、便利に操作ができるようになる変数とユーザーインプットについて解説していきます。 [adcode] ユーザーインプット inputコマンドを使用することでコマンドを動作させる前に、そのコマンドでどう[…]

上の記事で紹介しているラベル付きリストを利用することで1ボタンで複数のウェブページから選択して開くということもできます。

例:links.txtをあらかじめ作成しておく
LinkList
input
*list=links
openlink=list

URLを開く
openurl
url=http://$openlink

ラベル付きリストの値では:(コロン)を使用できないことに注意してください。

アプリケーションの起動、停止

アプリケーションの起動

launchコマンドを使用することでアプリケーションを起動することができます。

アプリケーションの起動
launch
app=<アプリケーションの絶対パス>
delay=<遅延時間> (オプション)
画像編集アプリのGIMPを開くには以下のようになります。
例:
GIMPを開く
launch
app=C:\Program Files\GIMP 2\bin\gimp-2.10.exe

アプリケーションを閉じる

killコマンドを使用することで開いているアプリケーションを閉じることができます。

アプリケーションを閉じる
kill
app=<アプリケーション名>
delay=<遅延時間> (オプション)
先ほど開いたGIMPを閉じるには
例:
GIMPを閉じる
kill
app=gimp-2.10.exe

おわりに

UP Deckにもこれらの機能が追加されたのでより便利になりました。個人的には他のコントロールデッキにはあってUP Deckに無かった機能なのでうれしいですね。

記事で使用したコマンドはコマンドアーカイブに追加していきます。コピペできると思うので利用してくださいね。

コマンドアーカイブ

シーンスイッチ | scene switching シーンをスイッチする switch trans=Fade scene=SceneName delay=0 trans : オプション delay : オプショ[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!
配信中! 質問受け付けてます
現在オフライン