UP Deck | 他のアプリケーションにキー入力を送る方法

UP DeckはOBS Studioに特化したコントロールデッキですが、他のアプリケーションにキー入力を送ることは可能です。他のアプリケーションでホットキーを設定してそのキーをUP Deckから入力することでそのアプリケーションを操作することができます。

キー入力を送る方法

keyコマンドを使用することで他のアプリケーションにキー入力を送ることができます。

キー入力の送信
key
app=<キー入力を送るアプリケーション>
data=<キー入力>
delay=<遅延時間>(オプション)
appに使用するアプリケーション名はそのアプリケーションのタイトルバーに表示されているものとなります。
私はDiscordのマイクミュート、ミュート解除ボタンを作成して使用しています。他にも音楽再生ソフトwinamp等で再生、停止などにも使うことができるでしょう。
2019/05/24現在、最新のアップデート以後、私の環境ではDiscordのマイクミュート、ミュート解除ボタンが使用できなくなっております。

使用可能なキー一覧

使用可能なキーコードは各OSで以下のようになっています。
UP Deckの公式ドキュメントへのリンクです。

Windows用キーコード

MAC用キーコード

Linux用キーコード

おわりに

UP DeckだとOBS Studioしか操作できないもんなー!
と思っていた方もこれで安心してUP Deckを利用することができますね!

私が使っていたDiscordのマイクミュート/解除については開発者の方に伝えて「チェックするよ」という返事をもらっているので近いアップデートで修正が来ると思います。

記事で使用したコマンドはコマンドアーカイブに追加していきます。コピペできると思うので利用してくださいね。

コマンドアーカイブ

シーンスイッチ | scene switching シーンをスイッチする switch trans=Fade scene=SceneName delay=0 trans : オプション delay : オプショ[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!