Logicoolのサポートは天国か地獄か G703が故障したので連絡してみた

2018年5月11日にAmazonにて購入したロジクール G703が故障したのでサポートを利用してみました。

購入当時はLogicoolはとにかくサポートが神だと評判でしたが、いざ自分のマウスに不具合が出て少し調べてみるとサポートが地獄だとかメールが1ヶ月返ってこない等不安な記事が多かったので実際に私がサポートを利用した際の状況をお伝えしたいと思います。

手順

Logicoolサポートページから連絡

まずはLogicoolのサポートページにいき上部のお問い合わせをクリックします。
次に右下に表示されるサポートボットから連絡してみました。

サポートボットには希望のサポート内容、問題の製品、問題内容、名前とメールアドレスをチャット方式で伝えます。

チャットボットとのやりとりが終わると入力したメールアドレスに自動メールが送信されています。

電話での連絡が最速らしいのですが、メールが返ってこない等の記事が多かったので敢えてこちらの方法を利用しました。

メールでのやりとり

ここからは全てメールでのやりとりとなります。

基本的な情報の提供

自動メールから約3時間後に問題の特定のためにこちら側で可能なトラブルシューティングの方法が記載されたメールが送られてきました。早いぞぉ・・・

製品のシリアル番号、購入証明、トラブルシューティング手順の結果を返信します。

私はAmazonで購入したので購入履歴から領収書をPDFにして購入証明として添付しました。
こちらで可能なトラブルシューティングでは解決しなかった為その旨を伝えると・・・

不具合のクリップの提供

ご返信ありがとうございます。トラブルシューティング手順の実行にご協力いただきありがとうございます。

トラブルシューティング手順が問題を解決しなかったとのこと、承知いたしました。恐れ入りますが、MP 4形式で問題の動画クリップをご提供いただくようお願いします。そうしていただきますと、お客様にさらなるサポートオプションをご案内させていただくことができます。

私の場合ホイールを上に回すとスクロールされない場合があったり、下にスクロールされる場合がある状況だったのでその状況のクリップを添付しました。

PC初心者の方だとこの手順難しくない?とは思いましたがロジクールのサポート神!と聞いて良からぬことを考える人が多かったのでしょうか。

配送先の情報の提供

不具合の状況の動画を送ると翌日に以下の返信が届きました。

トラブルシューティング手順で問題が解決しなかったとのこと、承知いたしました。購入証明とシリアル番号を確認致しましたところ、製品は保証期間内であることがわかりました。したがいまして、喜んでお客様に交換品を提供させていただきます。

残念ながら、G703 マウスは在庫切れとなっております。お客様をお待たせしたくはありませんので、喜んでG502 Lightspeed マウスをご提供させていただきます。弊社の最高の製品の一つでございますので、お客様にも気に入っていただけると確信しております。

G703の在庫がないということでなんと定価が当時購入したG703の約2倍もするG502 Lightspeedと交換対応とのことでした。

ちなみに私は9年間で7つのRazer DeathAdderと2つのRazer Manbaを使用してきた生粋のスタンダードオブスタンダードタイプ左右非対称マウスユーザーなのでG502のような多ボタン型のマウスを使わず嫌いしていました。

ただ、こちらが気に入ると確信して頂いているようなので住所等と交換対応希望の返信をすると、もう一度交換の手続きを進めてよいかの確認メールが来たので返信すると・・・

交換品の到着

交換対応について処理中というメールが届いてから約1週間、なんと最初に連絡をしてから10日で交換品が手元に到着しました。

早い!

結局・・・

結果Logicoolのサポートは自分の中では天国ということでした。
マウスの様な消耗品で長い保証期間と交換対応はありがたい限りですね。
欲を言えばそのままG703を使用したかったですが時の運、一度は多ボタンも使ってみたかったのでいい機会ということで。

不具合のクリップの提供という手順があったのが面白いですね。

G502に早く慣れないと・・・

最新情報をチェックしよう!