配信画面にペットを置くことができる Kappamon

この記事では配信画面にペットを置くことができるウェブサービスKappamonを紹介します

Kappamonを導入するとTwitchのフォローやサブスクライブなどのイベントをトリガーにアクションをさせたり、自分でコマンドを作成することも可能です

目次

Kappamonの特徴

配信画面に様々なペットを配置

Kappamonでは配信画面に様々なペットを配置することができます
フリーでは8種類、開発にドネートや他の配信者を招待することでポイントが得られ、そのポイントで多くのペットを購入することも可能です

イベントに対してのリアクション

Kappamonでは Twitchの様々なイベントに対してペットをリアクションさせることができます

  • そのセッションでの各視聴者の初チャットに対して挨拶
  • フォロー
  • サブスクライブ
  • ビッツ
  • ホスト
  • サブギフト
  • BAN
  • その他自作コマンド

日本語のテキストを特別な設定なしで使える

海外のこういったウェブサービスでは日本語を使用すると消えたり、文字化けしたりといったことが多いですが、Kappamonでは日本語のテキストを特に設定をする必要なく使用できます

クイックチュートリアル

STEP
Kappamonと配信サイトを連携

自分の配信しているプラットフォームのアカウントとKappamonを連携し、ログインします

STEP
Read Firstをチェック

最初に読んでね、ということなので目を通しておきましょう

STEP
Marketplaceでペットを購入

マーケットでペットを購入できます
ペットは無料のものとポイントで購入できるものがあります

STEP
Collectionからペットを選択

Chooseをクリックしてペットを選択します

STEP
オーバーレイのURLをコピー

ProfileのStream URL欄で配信プラットフォームを選択し、表示されたURLをコピーします

STEP
配信ソフトにブラウザソースとして追加

幅は650、高さは400が推奨されています

これでひとまず使える段階になりました

設定項目

Option

OptionではKappamonの全般的な設定をすることができます

ペットの向きやSpotifyとの連携、アニメーションの速さなどの設定が可能です

Spotifyとの連携(!song コマンド)

Command

プリメイドコマンド

Kappamonではあらかじめいくつかコマンドが用意されています

greet

各視聴者の最初のチャットに対して挨拶

!song

Spotifyで現在再生中の曲を表示

sub

初めてのサブスクライブ通知

resub

2ヶ月目以降のサブスクライブ通知

cheer

ビッツの通知

hosted

ホストの通知

ban

BANした際のアクション

follow

フォロー通知

subgift

サブスクライブギフトの通知

コマンドの作成・編集

コマンドを作成または編集すると以下の画面に移動します

メッセージは複数欄に設定すると、その中からランダムで1つのメッセージを表示します

コマンドのタイプについて
Trigger

コマンド欄の文字列がタイプされたときにコマンドが発動
!コマンド名 といった使い方に最適

Keyword

コマンド欄の文字列を含む文章がタイプされたときにコマンドが発動
!asdf というコマンドを作成した場合、Triggerでは !asdfg では発動しない
Keywordでは !asdfg でも asdf!asdf でも発動する

Scheduled

指定のインターバルでコマンドを実行
同時に使うスケジュールコマンドは3つ以下、インターバルは20分以上が推奨

メッセージ内には以下の変数が使用できます

コマンドを作成したら配信ソフト上のブラウザソースを再読込みすることでコマンドが配信ソフト側でも適用されます

コマンド一覧

ProfileページのShow Commands to Public URLを使用することで自分のチャンネルで使用できるコマンド一覧を視聴者に共有することができます

StreamElementsやNightbotなどにこのURLを表示するコマンドを追加することでより簡単に共有できます

フォントの変更

メッセージのフォントを変更するには配信ソフト上でブラウザソースのカスタムCSSを使用します

#speech {font-family:フォント名; font-weight:400;}

こちらの1行を追加することでフォントが変更できます
font-weightはフォントの太さ・重みです

使用可能なフォントはパソコンにインストールされているもののみとなります

更にカスタムしたい場合は以下の動画が参考になります

KC・KPについて

KappaCoin

KappaCoin(KC)は開発支援(ドネート)と引き換えるかたちで購入することができます

購入したKCはマーケットプレイスで新しいペットを購入したり、2体目のKappamonをアンロックするために使用できます

KappaPoint

KappaPoint(KP)はKappamonを紹介リンクを通して他者がKappamonの利用を始めた時に獲得できます
獲得できるポイントは招待したユーザーのフォロワー数となります
KC同様KPを使用してペットを購入したり、2体目のKappamonを追加することができます
※このサイトのリンクは私の招待リンクとなっています

紹介リンクはProfileページのReferral URLのShowをクリックすると表示されます

おわりに

とても簡単に導入できて、日本語も使用できるのでかなり使いやすいStream Petだと感じました

他にも便利なツールをまとめてあるのでチェックしてみてください

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる